アレルギーの治療メニュー

アレルギーとは、免疫反応が、特定の抗原に対して過剰に起こることをいう。免疫反応は、外来の異物(抗原)を排除するために働く、生体にとって不可欠な生理機能である。 アレルギーが起こる原因は、生活環境のほか、抗原に対する過剰な曝露、遺伝などが原因として考えられ、アレルギーを引き起こす環境由来抗原を特にアレルゲンと呼ぶ。

花粉症や小児ぜんそく、アトピー、リュウマチ等の自己免疫疾患は制御性T細胞の活性が低いことにより、引き起こされます。 自然のものを使用し、制御性T細胞を活性化させる治療を行います。

治療メニューのご案内

書籍案内

● 2009.6.20「アンチエストロゲンダイエット」


● 2008.11.06「タイプ別メタボリック食事法」